正職員・派遣・パート・バイト…それぞれのメリット・デメリット

看護師の働き方には、いくつかの雇用形態があります。
正職員だけでなく、派遣、アルバイト、パートなどその人に合った働き方を選ぶことができます。

 

基本的には、看護師免許を取得したらまずは正職員として働いて経験を積みます。
常勤で働くことで、いろいろな仕事を身に付けて、患者さんの対応や職場の人間関係などの経験をすることができます。
その経験が看護師としての実務経験となりますので、
その経験がその後のさまざまな場所での仕事に活かされることになります。

 

正職員として働くことのメリットは、就業先の正規雇用ですから仕事も任せてもらえて、
退職金や昇給、賞与、社会保険などの福利厚生などもあり安定していることです。
研修などの教育支援などもしっかりと受けられますので、スキルアップも目指せます。
看護師長や看護部長などの役職を目指すこともできますので、それに応じた高収入を得ることも可能です。

 

デメリットとしては、2交代制や3交代制などのシフト勤務や緊急時の対応、
長時間労働などがあり、体力的にも精神的にも負荷が大きいことです。
夜勤や残業などの過酷な労働環境は、看護師の悩みとしても特にあげられることです。

 

派遣で働く看護師のメリットは、期間や時間を限定して働けることです。
そのため、残業もない状態で働くことが可能です。
子育て中の人など、時間を限定して働きたい人におすすめです。

 

デメリットとしては、責任のある仕事は正職員にまわりますので、
看護師としてのスキルアップを目指したい人には不満となるでしょう。

 

他にアルバイトやパートという働き方もありますが、
アルバイトとパートは雇用形態として正職員以外の働き方という考え方になりますのでよく似ています。
アルバイト・パートのメリットは、自分の都合に合わせて働けるということでしょう。
就業先によって仕事内容は異なりますが、未経験でも可能な簡易的な仕事であったりすることもあります。
基本的に責任ある仕事は任されません。

 

アルバイト・パートは短時間の就業形態であることも多いため、短時間の仕事と考えられているところもあります。
短時間の補助のような仕事で、突然仕事を失ってしまうこともあることがデメリットです。