退職理由・転職理由、どう伝える?【看護師さんの転職】

 

看護師さんに限ったことではありませんが、退職をするときに
「円満に退職をしたい」
と考えるのは当然のことです。
しかしながら、病院や医療施設では看護師不足が大きな問題となっており、
退職届を受け取ってもらえなかったり、過度な引き止めにあってしまうというケースも少なくありません。
そこで、ここでは円満退職をするための、退職理由の伝え方についてご紹介していきたいと思います。

 

看護師が円満退職をするためのポイントには、以下のようなものがあります。

 

ポイント1

(相談、根回し)退職希望日を設定したら、できるだけ早めに退職意志を上司に伝える

ポイント2

(周囲に迷惑をかけない)繁忙期に退職をしないよう配慮する

ポイント3

(職場に対する配慮)退職理由は、本音より建前を大切にする

 

この3つのポイントの中で特に重要なのが、
「早めに退職の意思を伝える」
ということです。

 

人手不足に悩む医療現場で、スタッフが1人でも抜けたらどうなるか。
このことは看護師自身が一番身に染みて理解していることだと思います。
そのため、人員補充や引継ぎがスムーズに行えるよう、早めに退職意志を伝えておくことが重要となります。
また、引継ぎや人員補充が滞りなく進めば、慰留されることもなくなるというメリットもあります。

 

退職の意思表明は、できれば退職希望日の2か月前、最低でも1か月前には行っておきましょう。

 

また、もう一つ注意したいのが「退職理由をどうするのか」ということです。
看護師の転職理由として多いのは、職場や給与への不満ですが、
これらをそのまま伝えるのは避けるようにしましょう。
円満退職を希望する場合には、誰が見ても
「やむを得ない」「仕方がない」
と考えるような退職理由を伝えるのがベターです。

 

たとえは「家族の介護が必要になった」「結婚に伴い転居することになった」など、
自己都合や家庭の事情を理由とし、やむを得ない状況で辞めると説明すると、円満退職につながります。
退職に当たっては仕事に対する不満などは心にしまい、
職場に対する配慮を優先して、本音と建前をしっかりと使い分けるようにしましょう。