看護師はなぜ離職率が高いの?

 

厚生労働省の調査によると、2011年から2015年の期間、
最大5万6000人もの看護師が不足すると予想されています。

 

現状、日本国内で働く看護師の数は140万人とされていますが、
この他に、いわゆる潜在看護師が60万人存在すると言われています。

 

この深刻な看護師不足の大きな原因となっているのが、看護師の高い離職率です。
日本看護協会の調べによると、2010年における国内の常勤看護師の離職率は11.2%、
新卒の離職率は8.6%にも上っています。
これほど高い離職率を示す職業は、他業種にもほとんどないと言って良いでしょう。

 

では、この高い離職率の背景にはどのような問題があるのでしょうか?

 

まず、看護師の高い離職率の原因の一つに、過酷な雇用・勤務環境があります。
現在、医療現場の人員不足は深刻となっており、看護師は休日をほとんどとれない状態にも関わらず、
日々過酷な業務をこなさざるを得ない、という状況に追い込まれるケースが少なくありません。

 

日本看護協会の調べによると、2010年における平均夜勤回数は、
三交代制で月7.8回、二交代制で4.6回となっています。
この数値を見るだけでも、看護師の勤務状況の厳しさが感じ取られるのではないでしょうか?

 

また、看護師は女性の割合が9割を超える職業のため、
結婚・出産・子育てを理由とした離職が多いという特徴もあります。
現状、正社員の看護師として働く場合、夜勤や残業、休日出勤などをこなす必要があるため、
子育てをしながらの勤務は非常に厳しいというのが現状です。
そのため、看護師として働き続けないと考えても、
育児や家庭との両立が難しく、退職せざるを得ないという方も多くいらっしゃいます。

 

加えて、看護師の職場には女性特有の人間関係の難しさがあり、
医療現場の過酷な労働条件も相まって、
心身の健康を崩して看護師業務を続けられないというケースも少なくありません。

 

事実、看護師の離職理由の上位3つの中には常に「人間関係」が入っているほどです。

 

このように、看護師の高い離職率の背景には、看護師が働く環境の過酷さが透けて見えています。

 

だからこそ、環境の良い職場は非常に人気で、求人も公開されていないものが多く存在しているんですね。